トップ > 澤姫について > 蔵人紹介

蔵人紹介

2013-09-09 11.49.18.jpg

杜氏:佐藤 全

Toji; Master Brewer : Tamotsu SATO

2つの杜氏資格を有する一級酒造技能士。ハイブリッドな感性で澤姫蔵人達を牽引する新・大黒柱。

P1000496.JPG昭和52年8月23日生まれ。宇都宮大学在学中、居酒屋にてスカウトされる。モノ造りに対して好奇心旺盛な若者であり、利き酒師の資格を入社前に取得している程の大の日本酒好き青年であった。理論的に酒造りを学び、体で実践する努力人。蔵では「酒母」「分析」を永年に渡り担当しており、自らコンセプトを持って古来伝統の天然醸造酒「きもと純米酒」「山廃純米酒」の復活醸造に大きく貢献したなどの実績から、蔵元・蔵人達からの信頼も厚い。平成20年に南部杜氏・下野杜氏両組合の認定試験に合格し、平成25年に井上の代表取締役就任に伴い新杜氏に抜擢された、澤姫の次代を担う期待のホープ。県酒造組合主催の従業員利き酒選手権でも、常に上位にランキングされる名テイスターでもある。趣味はマラソンで、酒造オフシーズンには市民ランナーとして各地を巡る1児の父。厚生労働省公認一級酒造技能士。

麹屋:井上 裕史

Owner and Brewer,
Koji-ya; Section Chief Brewer of Koji Making : Hiroshi INOUE

杜氏資格と一級酒造技能士の資格を持つマルチプレイヤー的な代表取締役社長。営業も頑張ります!

26.澤姫 代表取締役 井上裕史.JPG昭和49年6月16日生まれ。東京農業大学農学部醸造学科卒業後、同校研究生を経て生家である酒蔵に戻る。前杜氏と寝食を共にし、酒造りの修行をしていたが、突然の師匠の急病引退により、若干25歳から杜氏代行を務めることになる。その後、岩手県外出身者としては当時最年少となる29歳という異例の若さで南部杜氏資格選考試験に合格し、正式に澤姫の杜氏役に就任した。平成18年11月、地元・栃木県の新資格「下野杜氏」選考会にて推薦を受け、第一期下野杜氏資格認定者となった。高校時代ラグビーで鍛えた体力を活かし、体当たりでの試行錯誤を重ねながら、澤姫の製造コンセプト「真・地酒宣言」の礎を築いた。平成25年の代表取締役就任に伴い杜氏の座は後進に譲ったが、現在も麹屋として日夜酒造りに挑んでいる。厚生労働省公認一級酒造技能士。

醪番:宇藤 洋平

Moromi-ban; Section Chief Brewer of Moromi Making : Yohei UTO

性格は天然だが、体力と根性は超一流。一生懸命は美しい。体当たりで酒造りに挑む一級酒造技能士。

P1000524.JPG昭和54年7月5日生まれ。 普段は物静かで口数の少ない昔気質な職人タイプであり、少々天然気味な現代っ子タイプでもある。決して器用ではないものの、何事にも常に体を張って挑む物怖じしない性格を武器に、今や酒造りの重要ポスト「醪番」を任されるまでに急成長。カラダの線は少々細いが、見た目と反し芯は図太く根性のある男であり、時折垣間見せる信念は頑固一徹だったりもする。平成27酒造年度は洗米作業においても大車輪の活躍を見せ、もはや澤姫の酒造りに欠かせない頼もしい存在となった彼の努力にはリスペクトの念さえも覚える。ただし褒めると時々やらかすうっかりさんでもあるところが実に彼らしい。食事は好き嫌い無く何でも笑顔でたくさん食べる好青年なので、蔵のまかない担当者からの評価も高い。意外な愛されキャラなのである。厚生労働省公認一級酒造技能士。蔵元が勝手に花嫁募集中(笑)

釜屋:藤原 裕一郎

Kama-ya; Section Chief Brewer of Rice Steaming : Yuichiro FUJIWARA

飄々とした風貌ながら、あらゆる仕事を器用にこなす非凡な資質のオールラウンダー。期待の若手蔵人。

P1000536.JPG昭和59年1月18日生まれ。酒造り工程の中で特に重要な工程である原料処理を務める「釜屋」として活躍中。生まれ持った器用さと物覚えの速さは特筆ものであり、貪欲に麹造り作業も習得中であるが、非凡な資質で乾いたスポンジが水を吸うように急激に技術を吸収しているのが彼の仕事ぶりからは感じとれる。「努力の宇藤、センスの藤原」と言ってしまうと彼が努力を怠っているようで申し訳ないのだが、良い意味で対照的な2人の若手蔵人のこれからが楽しみであり、お互いに競い合って成長して欲しい。モノつくりへの好奇心が高い青年で、観察力も鋭い。自己主張はやや控え目なものの、場の空気を察し、周りとのバランスもうまくとれるリーダー的素質を秘めた人間である。大工・左官仕事も得意で、蔵の修繕などもこなせる貴重な存在。

瓶詰出荷責任者:福田 宇良

Bottling and Shipping Manager : Takayoshi FUKUDA

製品管理のスペシャリストは責任感あふれる熱血漢。澤姫の縁の下の力持ち的存在。

P1020461.JPG昭和56年2月23日生まれ。酒蔵の大切な最終製造工程である瓶詰および出荷担当の責任者として活躍中。性格は正義感と責任感にあふれる熱血漢。冬場の出荷繁忙期には蔵人たちと変わらず早朝から出社し、コツコツと熱心に作業を進める彼の姿を見かける日も決して珍しくない。瓶詰・出荷工程において様々な意識革命・制度改革を社員にもたらし、熟練の技術を要する菰樽造りなども習得済み。まさに澤姫の「縁の下の力持ち」的な存在であり、「彼がいるからこそ蔵人達が酒造りに集中できる」と言い切っても大げさではない程、実に頼もしく不可欠な存在である。家に帰れば優しい2児のパパであるが、休日の少年団サッカー応援の際には、実に彼らしく、相当な熱が入っているのではないかと容易に想像できる。